看護師になりたい人の求人情報や給料や転職から現役看護師のお仕事事情まで

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

あなたは

『看護師の給料っていいよね』

なんて言われたことありませんか?

 

もしくは、あなたが看護師でなければそんな風に思ったことはありませんか?

お給料は、何かと話題になるテーマのひとつ。

一般的に『医者は高給』『公務員は初任給が低めだけど、年々上がる』など、職種によって比べたりして話題に挙げられることも少なくないのではないでしょうか?

看護師も、高給というイメージが強い職種のひとつです。

そして、それは『初任給』という報酬で顕著にあらわれます。

『看護師の初任給は他職種と比べて高い』という噂もありますが、果たして本当なのでしょうか?

 

今回は、そんな看護師の給料に注目。

信憑性の高いデータを基に、看護師の初任給や年収について、現役看護師である私の実際の経験やデータ・収入の詳細まで大暴露しちゃいます!←これマジです

 

お好きなところからどうぞ

看護師編:まずは給料の仕組みを知っておこう

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:xn--cck6cuc119wz0htl0ap2jbl2a.com

冒頭でもお話ししたように『看護師はいいよね。給料が高いから』ということをよく言われていた時期もありました。

あなたにもそんな経験はありませんでしたか?

確かに、初任給は他の職種に比べて高いですし、新聞の折り込み広告などをみていても、パートや派遣の時給は1500円を超えることがほとんどです。

ちなみに、私が以前やっていた派遣のお仕事は時給2200円でしたw

 

しかし、本当に看護師の給料は高いのでしょうか?

これから社会人になる新米看護師さんにとって、初めての給料がいくら貰えるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

初任給はみなさんが看護師となって始めてもらうお給料なので、特別な思いを持ってもらう方もいらっしゃると思います。

実は、『看護師の給料が高い』というイメージにはあるギミックが隠されていたんです。

最後まで読んでいただいたあなたなら、お分かりいただけることと思いますよ^o^

 

看護師の給料は○○によって変わる!?3つのパターンをご紹介

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:careerpark.jp

看護師試験を突破し、看護師として初めてもらうお給料。

しかし、明細をみて驚いてしまうことも少なくありません。

『あれ?HPやパンフレットで提示されていた金額よりもだいぶ少なくない?』

そう感じる看護師の方が結構多いのが現状です。

特に、新人看護師さんや転職された看護師がすごく多いですね。

なぜ職場のHPやパンフレットに提示されている金額よりも少なくなってしまうのか?

 

看護師のあなたならほぼわかっている方は多いかと思いますが、いきなり給与明細を見ると少し驚きますよねw

ご存知の通り、それにはいくつかの理由があるのです。

1つ1つ詳しく見ていきましょう!

 

夜勤手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:jobsearch.about.com

その理由は、ずばり”夜勤をまだしていないから”です。

看護師の場合、基本給はほとんど他の職種とそこまでの差はありません。

看護師の給料が左右されるのは、”夜勤手当がどれだけつくか”にかかっています。

HPに提示されているお給料の額は、ほとんど(月4回の夜勤手当を含む)と書いてあり、夜勤をしていない段階ではその分がもちろん差し引かれます。

新人さんが思い描くお給料と実際のお給料の額が違うのは、こういった事情があったのです。

 

シフトに左右される

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.kango-roo.com

生活していく中で、ある程度まとまったお金が必要になる期間もあります。

そうした時、お給料をより多く稼ぐために、夜勤を大目にいれてもらうように申請することがあります。

しかし、いくら自分がたくさん夜勤をやりたくても、職場側の都合もあるので、希望通りに夜勤が入れるとは限りません。

私が病棟看護師をしていた頃も、毎月提示されるシフト表を見ながら、

『来月はこれくらい夜勤が入っているから、お給料はこれくらいだな』と、だいたいの金額を出していました。

新人教育の係りになったために、日勤の勤務割合が増えてしまい、結果としてお給料が下がった、なんていうエピソードもあるくらいです。

 

各種手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:kangoshi-yametai.com

こちらはどんな職業についている方にでも該当するものであるかと思います。

看護師の給料で大きな割合を占める手当。

毎月もう少し給料が欲しいと思ったときに、増やせたら嬉しいものです。

そもそも看護師は昇給ペースがとっても緩やかなので、ただなんとなく続けていても給料はあまり高くなっていきません。

手当はいろいろな種類がありますので、こちらを参考にしてみてください。

あなたのお給料にも大きく影響してくる部分となります。

 

家族手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:Vanessa Kay

家族を扶養している人に対して支払われる手当です。

配偶者に対しての金額と、父母や子などの扶養人数が増えると、一人いくらというように増額される金額があります。

扶養手当と呼ぶ病院もあります。

※国立病院機構の場合、配偶者:13,000円、子・父母等:6,500円、※16歳~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

 

育児手当、保育手当、家族手当加算など

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:StephaniePetraPhoto

扶養する子どもを保育園又は保育所等の託児施設に預けている場合などに支給する手当。

6000円から1万5千円程度が平均的でしょう。

 

役職手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.bengo4.com

管理職・役付者に支払われるもので、管理職手当、職責手当、職務手当などの呼称があります。

この手当は、他の職員よりも職務遂行上の責任や役割が重いということに対して支給されるものです。

主任手当や師長手当、部長手当と役職とからめて言われることもあります。

 

金額の例として、

  • 師長25,000~50,000円
  • 主任5,000~15,000円
  • 副主任円3000~5000円

定額のものや、基本給に対して定率で、

  • 師長 基本給月額の12%
  •  看護部長 基本給月額の16%

といったところもあり、病院によって大きく異なります。

 

資格手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:deeperchristian.com

看護師という資格について支払われる手当です。

他の看護師との給与の調整のために使われることもあり、曖昧な役割の手当にでもあります。

また『認定看護師』や『専門看護師』『特定看護師』の資格を取得している方に対して支払われる病院もあるようです。

 

交代勤務手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:nurse-cube.com

夜勤手当とは別に、短い期間で昼夜の労働時間が目まぐるしく変わる看護職の過酷な労働に対して、病院によっては手当が支給されることがあります。

大学病院など大きな病院で稀に支給されることがあるようですが、夜勤手当と被ることもあり、あまり支給している医療機関はありません。

 

通勤手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:keiei.freee.co.jp

通勤の費用に対して支払われます。

1か月10万円までの通勤手当は非課税となり、所得税・住民税がかかりません。

ただし、マイカーや自転車通勤の場合は距離に応じて非課税限度額が定められています。

月額55,000円まで全額支給(国立病院機構)

 

住宅手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.pixael.com

主に借家・賃貸住宅に住んでいる人に支払われる手当です。

世帯主か非世帯主かで支給金額が違う場合もあります。

持ち家の場合はもらえないことが多いです。

借家は最高月額27,000円(国立病院機構)

 

時間外勤務給

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:xn--cck6cuc119wz0htl0ap2jbl2a.com

こちらは、超過勤務手・時間外手当・残業手当・当直手当などが該当します。

法定労働時間(原則1週40時間、1日8時間)を超えて就労した場合、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。

 

休日勤務割増給(休日手当など)

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:be-nurse.com

法律で定められた休日(法定休日)に就労する場合、給与の35%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。

 

深夜勤務給

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:ganref.jp

こちらは、深夜手当・夜勤手当・準夜手当・夜間看護等手当などが該当します。

22時から翌5時まで就労する場合、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。

残業等が深夜にまで及んだ場合は通常の割増にさらに深夜割増が加算されます。

夜勤手当として定額の支給を行う病院が多いです。

  • 夜間看護等手当 夜勤1回につき3,200 円~7,600 円(国立病院機構)
  • 夜勤手当 時給換算した場合の25%割増で支給(国立病院機構)

このように定められています。

 

夜勤加算手当

基本給や役職・職種に応じて、夜勤手当に加算される額が増減される病院もあります。

 

期末手当、業績手当、期末・勤勉手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:nurse-cube.com

いわゆるボーナスで6月と12月の2回に分けて支給されます。『賞与』と呼ばれることが多いですよね。

基本給に対しての計算になるので、手当がたくさん付いて給料が多くなっている人は、ボーナスを少なく感じるかもしれません。

年間3.95月分程度が平均的なようです。

 

地域手当(公立病院で支給)

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:ashliu

地価や物価水準の高い地域で支給される手当です。

都市手当がこちらに該当します。

地区に応じて基本給の3~12%(国立病院機構)

 

専門看護手当(専門看護師手当)

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:be-nurse.com

特定の分野の専門看護師の資格を持っていると支給される手当です。

資格取得はなかなか困難ですが、スキルアップ・キャリアアップにもなりますし、手当も付くと嬉しいですね。

11分野以上あります。

  • がん看護
  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • クリティカルケア看護(急性・重症患者看護)
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護

など現在でもその分野が広げられています。
月額平均5000円(国立病院機構)となっています。

 

専門看護手当(認定看護師手当)

特定の分野の認定看護師の資格を持っていると支給される手当です。

専門看護の資格よりは取得しやすいと言えますが、決して簡単ではありません。

自分の働く診療科に合わせた資格取得は日々の業務にも活かせると思いますので、挑戦しがいのある資格ですね。

2014年9月現在21分野あります。

  • 救急看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • 集中ケア
  • 緩和ケア
  • がん化学療法看護
  • がん性疼痛看護
  • 訪問看護
  • 感染管理
  • 糖尿病看護
  • 不妊症看護
  • 新生児集中ケア
  • 透析看護
  • 手術看護
  • 乳がん看護
  • 摂食・嚥下障害看護
  • 小児救急看護
  • 認知症看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • がん放射線療法看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
  • 慢性心不全看護

こちらも現在多くの分野に展開中です。

月額3,000円(国立病院機構)が平均となっているようです。

 

救急呼出待機手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:tenshoku-maquia.com

こちらは、オンコール手当・拘束手当・待機手当・拘束呼出し手当などが該当します。

救急呼び出しに備えて自宅待機している場合に支給される手当。

待機1回につき2,000円(国立病院機構、5時間未満の場合半額)

 

診療看護師手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:nurse-web.jp

問診などの初期診療が可能な診療看護師の資格認定を受けて働く場合の手当。

月額60,000円(国立病院機構)が平均となっていますが、かなり特殊なスキルなので持っている看護師の方は多くありません。

 

特殊業務手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.pref.kyoto.jp

特定の病棟で働く看護師に支給される手当。

危険やストレスの多い職場で働く看護師に出る手当と考えていいでしょう。

  • 重症心身障がい児(者)病棟 25,000円
  • 神経・筋ジストロフィー病棟 25,000円
  • 結核および精神科病棟 12,500円
  • 救命救急センター 12,500円

以上が平均の金額となっています。

 

危険手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:nurse-riko.net

精神科や放射線科、その他看護師の職務上危険が伴うと判断された場合に支給される手当。

1万円程度が平均です。

 

手術室勤務手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www2.panasonic.biz

手術室に勤務するオペナースに支給される手当です。

支給する病院も一部あるという印象です。

特殊業務手当や危険手当のことを指している場合も多いようです。

 

皆勤手当

遅刻・早退・欠勤がゼロの人に支給する手当。

基本的には皆勤の人ばかりになるので、求人では基本給のような扱いになっていることもあります。

また、有給休暇は別枠扱いなので、取得しても皆勤になります。

というか、こんなの聞いたことありますか?w

 

精勤手当

こちらも皆勤手当と同様あまり馴染みのない手当の種類ではないでしょうか?

皆勤手当と似ていますが、遅刻・早退・欠勤などが一定回数以下の人に支給される手当です。

独自のルールがある場合が多い手当です。

 

調整手当

周りと給料のバランスを取るために支給したり、転職前の給与水準と合わせるために支給したりされる手当です。

こちらも、独自のルールで運用されていることが多いので、給料明細で疑問に思ったら問い合わせましょう。

 

年末年始勤務手当

年末年始に働く看護師さんに出される特別手当です。

1000円から3000円くらいで、これを目当てに年末年始、働きたいという看護師さんも多いようです。

病院によっては普段より暇なのに賃金は割り増しでお得感があるかもしれません。

 

夜間ICU勤務手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.mitera.gr

ICU勤務者の夜勤に対しての手当。

私はICUで勤務していましたが、このような手当てがあった記憶がありませんw

給与明細を振り返ってみましたが、見当たりませんでした^^;

何かの項目に含まれているのでしょうか・・・

 

特別指定衣服手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.e-uniform.jp

白衣・シューズ購入及び自己管理費として支給される手当。

ナース服やナースサンダルなどの出費をカバーしてくれます。

私は大学病院勤務ですが、完全支給になっていますので、そういった病院にはこの項目はありませんね。

 

助産師手当、分娩介助業務手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典: gatag.net

助産師の資格を持ち、分娩を介助した回数に応じて支給される手当です。

1回あたり2000円から1万円程度までかなり幅があります。

 

放射線取扱手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.saitonaika-clinic.com

X線撮影作業に従事した際に1回あたりで支給される手当。

数百円程度のところも多いです。

 

食事手当

食事補助のないクリニックや病院で食事代として支給される手当です。

あると嬉しい手当ですよね。

 

ケアマネ手当

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:upin.jp

ケアマネージャー資格を持っていると手当の出る職場が稀にありますが、ケアマネと看護師を兼務することはあまりないので珍しい手当です。

看護師ではなくケアマネとして働くなら、ケアマネ手当はけっこう大きな額になります。

しかし、一般にケアマネージャーとして働くより、看護師として働く方が高給取りになります。

 

救急手当

救急手当と一般的に言われているのは

  • 救急呼出待機手当(待機1回につき2,000円、国立病院機構)
  • 特殊業務手当(救命救急センター12,500円、国立病院機構)

のことでしょう。

 

退職手当

こちらはおまけですが、一応『手当』の扱いになります。

一般企業で言う退職金です。

6ヶ月以上の勤務でもらえる病院もあります。

一方、個人クリニックなどでは退職手当が少ない可能性があるので要注意です。

  • 勤続35年以上(定年退職) 看護師 約1,960万円(国立病院機構)
  • 勤続35年以上(定年退職) 看護部長 約2,790万円(国立病院機構)

というのが平均的な金額の様です。

 

ちなみに・・・夜勤手当と深夜勤務割増給とは

夜勤手当は深夜勤1回につき○○円と定額で手当が出る病院が多いです。

一方、深夜勤務割増給として、22時から翌5時の間の勤務には対象給与額の25%相当の割増賃金を上乗せ支給することが労働基準法で決まっています。

  • 夜勤手当として定額があり、深夜割増としてさらに25%相当の割増賃金があるケース
  • 夜勤手当=深夜勤務割増給、となり、定額の中に25%相当の割り増しが含まれているケース

夜勤手当が「深夜勤務割増給として(又は代わりに)支給する。」となっている場合は、夜勤手当=深夜勤務割増給ですが、夜勤手当の額が法定金額を下回っていないか一度計算してみましょう。

本来もらえるはずの深夜勤務割増給よりも少ない夜勤手当になっている可能性もあります。

夜間看護等手当と夜勤手当が別々に支給される方がお得な気がしますね。

 

看護師には手当がたくさんあります。

しかし、ほとんどの手当は自分で狙って増やすのは難しいですし、各施設によっても基準が変わってきたりしますので、一概に『いくら』ということは言えないのが現状です。

確実なのは、夜勤回数を増やすか専門看護師や認定看護師になるくらいしか給与アップの道はないかもしれません。

どうしても給料アップしたい人は、転職も視野に入れてみてはいかがでしょう?

 

各種控除

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:welq.jp

こちらも忘れてはいけませんね。忘れたいけど 泣

『控除』というのは給与から天引きされるものです。

あなたの『総支給』に大きく影響を与えるものです。

こちらも、あなたの現在の環境などに左右されますので、しっかりとチェックしていきましょう。

意味なく引かれるわけではないので安心してください!w

 

控除は大きく分けて『税金』と『社会保険料』の2種類です。

税金は

  • 所得税
  • 住民税

 

社会保険料は

  • 厚生年金保険料
  • 健康保険料
  • 介護保険料
  • 雇用保険料

というようになっています。

所得税と住民税は何が違うのでしょう?

また、社会保険料は何のためのお金なのでしょう。

 

住民税

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:biz.moneyforward.com

税金で押さえておきたいポイントは、住民税は2年目の6月から課税されるという点です。

初任給をもらって喜んでいる新人のあなた。

浮かれている場合ではありませんよw

なぜ、2年目から課税されるかというと、住民税は前年の所得に対して課税されるからです。

よって新人さんの場合、前年は学生で給与所得がありませんので、給与明細では住民税の欄が0円になっていると思います。

この結果

  • 『2年目になったのに、住民税が引かれる分、去年より手取りが少ない!』
  • 『退職して今年は収入が無いのに、住民税を払わなきゃいけない』

というケースが発生します。くれぐれも注意しましょう。

 

所得税

所得税は毎月の給与から源泉徴収されます。

1年間の給与総額が確定する12月に正しい税額を計算し、すでに徴収された税額との過不足を清算します。

これを年末調整といいます。

 

社会保険料

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:brunch.co.kr

社会保険料は、将来的なリスクに備えるためのお金で、具体的には病気やけが、失業、老後、介護などの場面で自分にかえってきます。

 

厚生年金保険

『厚生年金保険料』は一定年数以上納めれば将来年金として戻ってくるお金です。

厚生年金保険料の自己負担分は8.737%です(平成26年9月分〜平成27年8月分)。

総支給額にざっくりこの割合をかけて金額がかけ離れていないか確認をしましょう。

現在は年金記録の付け合わせが進んでおり、誤りがある場合は事業主側の問題が多いそうです。

給与明細とねんきん定期便や年金ネットで報酬額が正しく記録されているのか付け合わせをすると安心です。

 

健康保険

健康保険料は、保険料は掛け捨てですが、ケガや病気で保険医療機関に保険証を提示すると3割負担で医療サービスを受けることができます。

 

雇用保険

雇用保険は、失業した時や、無職期間に教育訓練を受ける時に、失業等給付を受け取れるものです。

保険料は一般事業所の場合、雇用者が0.85%、被雇用者が0.5%です(平成26年度)。

 

介護保険

介護保険は、将来自分が介護サービスを受ける時に役立ちます。

介護保険を利用することで介護の度合いに応じた限度額までは1割〜2割負担で介護サービスを受けることができます。

介護保険料は40歳から負担することになり、保険料率は1.72%(全国健康保険協会 東京都 平成26年9月分〜)で会社と折半します。

 

このように給与明細をきちんと見ることで支給されるお金、控除されるお金の正体をしっかりと把握しておきましょう。

税金や社会保険料も、将来もらえる年金額を確認したり、社会サービスをうまく利用するなどして、ただ納めっぱなしということのないようにしたいですね。

 

ぶっちゃけ初任給は良いんだけど・・・

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:Дмитрий Драпей

夜勤によって左右される看護師のお給料ですが、一方で『いくら看護師を続けていても、目に見えた収入UPにはつながりにくい』のもまた現実です。

5年間同じ職場に勤めていた間、上がった基本給は2500円程度。なんてところもあるようです。

(私はもっとあがってましたがw)

一年で500円しか上がっていないなんてやばいですよね?!w

他の職種ではあまりみられないことなのではないでしょうか?

自分のお給料を上げたければ、より多くの夜勤をこなすか、転職をしてより給料条件のよい職場を探すしかありません。

 

看護師の給料には、主にこういった仕組みがあります。

他職種にも当てはまることであるとは思いますが、看護師には夜勤がありますし、施設によっても給料は変わってきます。

 

【全国平均】看護師の初任給

平均基本給与額 平均給与総額(税込み)
高卒+3年課程卒 197,689円 262,074円
大卒 204,683円 270,200 円

出典:2013 年 病院における看護職員需給状況調査

看護師の初任給は、主に日本看護協会と人事院の調査によって紐解くことができます。

日本看護協会では、毎年採用予定の新卒看護師の、予定初任給というものを公開しています。

それによると、2014年の予定初任給は高卒+3年課程卒の新卒看護師の場合で

  • 平均基本給与額197,689円
  • 税込みの平均給与総額は262,074円

となっており、大卒の新卒看護師の場合は

  • 平均基本給与額が204,683円
  • 税込みの平均給与総額は270,200円

となっています。(※時間外勤務手当は除く)

 

平均給与総額の推移

下記に示した過去5年間の予定初任給の統計推移によると、看護師の初任給は少しずつ増加傾向にあります。

 

平均給与総額過去5年間の推移

高卒+3 年課程卒 大卒
2010年 257,775 266,963
2011年 257,714 266,346
2012年 262,964 271,347
2013年 260,415 268,692
2014年 262,074 270,200

 

平均基本給与額過去5年間の推移

高卒+3 年課程卒 大卒
2010年 195,225 203,014
2011年 195,443 202,567
2012年 196,813 204,281
2013年 197,194 204,435
2014年 197,689 204,683

また、人事院が行っている職種別民間給与実態調査によると、準新卒の看護師で初任給は209069円、準新卒の准看護師で172512円という調査結果が出ています。

人事院の調査の場合、地域別でも数字が出ているのですが、それによると1級地とそうでない地域とでは、約3万円ほど初任給に開きがあるそうです。

(1級地:229679円 非支給地:196984円)

※準新卒とは資格を取得した次の年の4月までの採用された者をいいます。

※地域区分の1級地と非支給地は、国家公務員の地域手当の支給区分による。

上記2つの調査結果から見てみると、看護師の初任給は基本給でだいたい20万円前後と捉えておけば良いと思います。

 

初任給、手取りはどのくらい?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:upin.jp

あなたの給与で手取りとは、毎月支払われた月給から社会保険料や所得税・住民税などを差し引いた金額のことです。

つまり、実際に受け取れる金額と考えることができます。

社会保険や所得税などは、源泉徴収として銀行口座に振り込まれたり手渡しされる際に差し引かれていることが一般的。

月給として提示された金額が、そのまま使える金額ではないことに注意が必要です。

この使える金額のことを可処分所得という言い方をすることも覚えておくと便利です。

読んで字のごとく『処分することが可能な所得』という意味ですね。

つまり、使ってもいい金額が、手取りとして捉えることが出来ます。

 

これはかなりばらつきがあるので一概に『いくら』とは言えないのですが、とある調査によると『半数以上の方が手取りは20万円に満たない』という結果が出ています。

給料は、基本的に所得税や住民税、各種保険料などが引かれるのですが、初任給の場合は寮費や制服代など引かれて、通常より低くなる場合があるようです。

また、4月は入職する日や給料の締め日に伴い、1ヶ月分丸々支払われない事もあるので、相対的に少なく感じる場合もあります。

 

また、別の某アンケートの結果、初任給の手取り額は15万円未満と回答した人が全体の15%。

さらに20万円未満も含めると、半数以上の人が手取り20万円未満だったというように、ことらも同様の実態が分かりました。

初任給の額面平均額が26万円ということを考えると、皆さんいろいろ5万円近くは引かれているようです。

  • 『ユニフォーム代とか諸々で10万円くらい控除されてました。』
  • 『3月に入寮したので、寮費が3月と4月の2ヵ月分引かれてました。』

他にも税金や社会保険料など、給料から引かれる項目の多さに戸惑った人も多かったようです。

 

手取り額の差がヤバいw 理由はコレ

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:upin.jp

各々の金額を見ると、最低7万円~最高40万円と大きな開きが出ました。

ただし、これは基本給の違いというよりは、給料の締め日や通勤手当て等の影響によるもののようです。

  • 『7万円。4月は少ないとは聞いてたけどショック!親への借金を返すとマイナスです・・・』
  • 『92,000円。15日締めなので、基本給も半分。生活費に消えます。』
  • 『通勤費85,000円と研修4日分を含んで40万円でした!ボーナスみたいな額だったのでびっくりしました。』

通勤費が含まれているとはいえ、40万円も一度に振り込まれるとつい嬉しくなっちゃいそうですね。

この、7~40万円の差は『新人さんの初任給』とある程度経験年数がある看護師の方の給与との差も含まれています。

それ以外に給与の差が表れるのは以下のことが考えられます。

 

施設形態別手取り給与

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.kangoshi-kyujin-job.com

民間病院や大学病院に比べると、公立病院・国立病院はやや手取り額が少ないようです。

また国立病院は全国で給料基準が一律のため、回答にバラつきが少なく全体の83%の人が15~20万という回答でした。

その理由は『福利厚生がしっかりしている』ことや『施設で天引きされる保険や積み立てに加入している』などの場合が考えられます。

そして、忘れてならないのが奨学金の返済看護協会の入会費

これらの費用が発生するのは無事に看護師になれた証ではあるものの、『夜勤手当も無い中で、結構キツイ!』というのがあなたの本音ではないでしょうか・

 

初任給の手取り額や看護師の給与の仕組みデータ、ご自身と照らし合わせてみていかがでしたか?

社会人2年目からは住民税の控除もスタートします。

この機会に給料明細の見方を勉強してもいいかもしれませんね。

 

看護師の年収は?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

 

給与形態や初任給、手取り額などの月収についてご紹介してきましたが、お次は年収についてです。

やはり、社会人として最も気にしなければならないのが年収でしょう。

ではいったい、看護師の平均年収はどれくらいなのでしょう?

看護師の年収と労働者全体の年収推移(過去10年分)のデータを、グラフで観てみましょう。

どの年を見ても、看護師の平均年収が労働者全体をはるかに上回る結果に。

労働者全体の年収が右肩下がりを続けているのに比べ、看護師の年収はほぼ横ばいで推移しています。

また、リーマンショックが起こった平成20年~21年に注目すると、全職種平均の年収は30万円以上下がっています。

一方同じ年の看護師の推移は、年収が下がっているものの、その差は労働者全体ほど大きくはありません。

看護師の年収は、他職種と比べると景気による変動が少なく、高い水準で安定しているということが見てとれます。

 

年代別:看護師の年収

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

 

次に、年齢別の年収推移のグラフを見てみましょう。

看護師の給料は、前述したように各々の『手当』や『勤続年数』によっても変動します。

よって、年齢によっても変動するわけです。

看護師と労働者全体、女性労働者全体の3つを比較しています。

このグラフ全体を見て気付くことは2つ。

看護師のグラフが非常に高い水準から始まっているということ。

また、どの年代においても、女性労働者全体の年収を看護師の年収が上回っているということです。

まず、グラフの始点になる、20歳~24歳の新社会人世代を見てみると、労働者全体・女性労働者全体のいずれよりも高いという事実がわかります。

他2つと比べて、看護師の初任給は圧倒的に高いのです。

看護師の年収推移は393万円から始まり、最高額は50~54歳の549万円。

女性労働者全体が定年の60歳以降300万円近くまで低迷するにも関わらず、看護師の平均年収は400万円程度を保っています。

一方、看護師と労働者全体のグラフを比べた時、看護師上位の状態は35歳~39歳を境に逆転し、その後順位が入れ替わることはありません。

結果、看護師の初年度から最高額にかけた伸びは156万円。労働者全体の311万円と比べると、年収の伸びは非常に緩やかです。

看護師のお給料は『全体的に見ると高いが、昇給率は低め』と言えます。

 

新卒看護師の年収は?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:j-depo.com

なんといっても一番気になるのは、お給料の金額ですよね。

一体いくらもらえるのでしょうか?

当サイトでは、ここ数年間の看護師の平均年収と、看護師以外の職業とを比較してみました。

公立か私立か、病院かクリニックか、などによっても年収は違います。

また、都市部と地方でも違いがあります。

この平均年収は、基本給プラス夜勤代、平均残業代や住宅手当などを含んでいます。

そして、いわゆる総支給額なので、この中から税金や社会保険料が引かれます。

それでは看護師の新卒の年収を、大学卒と専門学校卒で、それぞれご紹介します!

 

看護師の新卒年収表

2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
大学卒 340万円 340万円 330万円 340万円 340万円 350万円
専門学校卒 320万円 320万円 310万円 320万円 320万円 320万円

出典:日本看護協会

 

他業種の新卒年収表

2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
大学卒 250万円 250万円 240万円 240万円 240万円 250万円
高卒 230万円 230万円 230万円 230万円 230万円 230万円

出典:日本看護協会

他業種と比べてみても看護師は、なかなかの高給取りですね。

このように、看護師は他の職業に比べ、月収にして10万円近く、年収にして100万円ほどの差があります。

あくまで平均ですが、データ上では看護師の方が、ずっと多く給料をいただけるようですね。

それだけを考えてみても、とても魅力ある仕事です♪

ただ、そこそこではあるものの、給料をいただけるのですからもちろん大変な仕事でもあります。

 

【極秘】私の実際の給与明細

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:huhu.jp

『そんなこと言ったって、ある程度の金額はもらっているんでしょ?』

と思われる方も、いらっしゃるかと思います。

実際、私立高校で非常勤講師をしている母に対して、自分のおおよそのお給料を伝えると、『もっともらってるかと思ってた!』と言われた同僚もいたほどです。

そこで、恥ずかしながら私自身のおおよその手取りの金額をお伝えしようかと思います。

これは本当に極秘ですw

生の給与明細になりますので本当にリアルですので閲覧注意でお願いいたします!w

 

【閲覧注意】勤務実績表

SnapCrab_NoName_2016-8-2_19-24-12_No-00-crop

首都圏内の地域の中核病棟にて、病棟看護師をしていたときの勤務実績です。

『看護師8年目、勤続も8年目。月平均6回の2交代夜勤』

という条件の元、給与明細は以下の通りです。

 

【閲覧注意】支給内訳

SnapCrab_NoName_2016-8-2_19-24-12_No-00-crop

正直、夜勤をやっていないとやっていられないようなぁ…と私は感じていました。

以前、ICUでも働いた経験がありますが、そちらでは夜勤を8回やったとしても、時間外勤務が少なかったため若干低かった気がします。

 

【閲覧注意】源泉徴収票

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

そして最後に私の年収ですw

過去のものですが、こんな感じになっています。

こちらに加え、私は内緒で派遣のお仕事もしていたので+100万ちょっとは年収がありました。

 

しかし・・・こんな悩みも

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:walterhoogantink

そこそこの給料をいただいている看護師ですが、以外にも悩みを抱えている方は少なくありません。

特に、男性看護師の方は年々悩みが露呈してきます。

以前に比べると、少しずつその数を増やしてきた男性看護師。

看護婦から看護師となったのも、男性が増えてきたことも理由の一つです。

しかし、男性看護師には男性特有の悩みがありました。

 

給料UPの見込みが少ない

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:xn--cck6cuc910roel.jp

一般企業に勤めている同級生と飲み会になったとき、一番実感するのがこのことだと、同僚の男性看護師が以前こぼしていました。

先ほどご説明したように、看護師はなかなか給料が上がりにくい職種です。

よって、特に家庭を持っている男性看護師さんにとって、この問題は深刻のようです。

給料を増やすために夜勤を多くすると、今度は家族と過ごす時間が少なくなってしまう。

転職をしようにも、家族の都合もありすぐに転職するのも、難しいのです。

 

昇進したら、むしろ給料が下がった!?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.mag2.com

私が以前勤めていた病院では、男性看護師が主任として働いていました。

同じ病院に奥さんも働いていたのですが、主任に昇進してしまったがために、病棟管理が主な仕事となってしまい、結果として夜勤の回数が激減。

一般職である奥さんの方が給料が高いときもあったそうです。

その病院では有休の買い取り制度があったため、あえて有休をほとんど取らずに仕事をすることで、なんとか年収では奥さんよりも上だった、と話していましたが、体調をくずしやすいので、お勧めはできないそうです。

 

給与で見る!働く場所でおさえておきたい8つのポイント

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:Sophieja23

『看護師の給料は夜勤次第。基本給のUPはほとんど期待できない』と、今までご紹介してきましたが、一方で勤続すればするほど、順調に基本給が上がる病院もあります。
それが、『公立病院』です。

公立病院の強み

公立病院に就職した場合、身分は準公務員となります。

公務員であるため、給料基準も、各自治体の基準にのっとられるため、勤続年数に応じての基本給UPが期待できます。

看護師であれば、安泰ではなく、『看護師でも、公務員は安泰』なんです。

 

公立病院のデメリット

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.kangoshi-kyujin-job.com

しかし、公立病院のお給料についてデメリットも存在します。

それは、あくまで勤続年数に応じたお給料なため、初任給は他の病院に比べると少なめとなっている、という点です。

家族の都合で転勤する可能性があったり、転職も視野に入れている場合は、むしろ年収としては低くなってしまう恐れもあるんです。

また、公立病院も民営化を進めているところが多く、就職時は公立病院だったのに、その後民間の病院に吸収合併された、という例も珍しくはありません。

 

田舎だと給料が安い

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:souzousuru.hatenablog.com

これはリアルに安いです。

例えば外来外科で同じような仕事をしても、青森だと手取り18万円、東京だと手取り26万円、という大きな差があります。

都市部の病院は、看護師が極端に不足しており、看護師の取り合いが熾烈を極めているからです。

逆に地方の場合は、そこまで看護師不足が深刻化していません。

そのため都会では、看護師を1人紹介したら100万、多い時には200万円を超える金額がエージェントに支払われるくらいですからね。

地方では、50万~100万円くらいが相場です。そもそも地方は、病院の数が少なく、ハローワークや求人雑誌、新聞の広告などの求人が主流であり、知り合いつながりで転職する傾向があるため、人材紹介会社がなかなか手を出せないエリアでもあります。

つまり地方の給料が低いのは、看護師がそこまで不足していないため、低待遇でも人が集まるからです。

逆に都市の給料が高いのは、看護師が不足しており、高待遇じゃないと人が集まらないからです。

 

大きな病院は、給料が良いの?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.itsbetterupthere.com

大きな病院の方が給料は良いのが現状です。

とくに市立病院や県立病院の看護師は、公務員になるためかなり高給です。

しかも福利厚生も好待遇で、退職金や年金も別格です。

ほかにも私立の大病院は給料が高めでした。逆に個人クリニックは給料が低めです。

平均すると2~5万円くらい違います。

ただ小さなクリニックは、給料が低くても、転職した看護師さんの満足度は高かったです。

大きな病院では

  • 夜勤
  • 人間関係
  • 最新医療の学習
  • 毎週開かれる勉強会
  • 転属のたびに一から出直し

などが負担になっており、それらから解放されたのが大きいようです。

 

儲かっている病院は看護師の給料が良い!?

率直に言います。

お金がある病院は福利厚生も充実しており、給料も高い傾向にあります。

経営状態の良い病院ほど高給になる傾向はどの企業でも同じことが言えるかもしれません。

例えば一昔前までは、7対1看護を積極的に進めていた病院です。

7対1は、診療報酬がハネ上がるので、2013年時点で全国約48%もの病院が申請しています。

それによって極端な看護師不足が起こり、構わず人を集めた結果、看護師の給料がグングン上がりました。

しかし危険なのは『なんちゃって7対1』と呼ばれる病院です。

『なんちゃって7対1』とは、『救急NG・手術しない・軽度患者ばかり』という実態の、金儲けのために無理やり7対1にした病院です。

2016年の診療報酬改定で、この『なんちゃって7対1』が狙い撃ちされました。

7対1がかなり厳格化され、事実上『なんちゃって7対1』ができなくなりました。

今後、約半数以上の病院が7対1から、10対1に戻っていくでしょう。

そうなった病院では、看護師がかなりの数余ってきます。

もちろん診療報酬も下がっているため、高い給料を払い続けられず、減給もしくは全く昇給しない、ボーナス額の低下などにつながります。

ということから、『なんちゃって7対1』の病院は要注意です。

転職サイトを利用している人は、この辺りをキッチリと転職エージェントに調査してもらいましょう。

転職エージェントとはそういった仕事ですから遠慮なく。

 

しっかり7対1をやっている病院は?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.kangoshi-kyujin-job.com

7対1の病院は、経営状態が良くても、立派な保養施設を立てているなら注意が必要です。

保養施設の建設や維持に何十億というお金がかかり、維持費にも毎年億単位のお金がかかるため、儲かった収益が看護師に回ってこないからです。

しかも保養施設はとても使いづらいです。

その保養施設には病院の関係者ばかりが集まりますから・・・。

休日にまで上司に会いたくないですよね。

そのため病院が運営する保養施設は、利用者がほとんどいません。

それなのに保養施設を作る理由は、たいていが理事長の見栄のためです。ご注意ください。

 

美容外科がヤバい?!その他の給料の良い病院は?

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:www.beautytips-tokyo.com

美容外科クリックは、高給な部類でした。

例えばCMで有名な某美容クリニックの看護師は、40万円近くの高い給料をもらっています。

とくに准看護師の人は、美容外科クリニックなら、給料額で正看と差別されないためおすすめです。

実際に、私の勤務している大学病院を退職し美容外科クリニックへ転職される方を数多くみてきました。

美容外科は、夜勤無しでも月収30万~45万円ほどの高収入になります。

ボーナスもしっかりもらえるクリニックが多いため、年収にすると500万円を超える看護師が半数以上います。

美容外科は成長産業かつ、高額な保険外診療が多く医療制度の影響を受けずに経営でき、安定して儲かっているクリニックが多く、看護師の給料も高くなっています。

しかも美容外科は、病院ほどの激務がなく、命に関わる医療もなく、給料や福利厚生も良いため、看護師の転職先として人気があります。

ただしデメリットとしては、看護スキルが身につかないことと、ある程度の容姿が必要になることです。

 

正看護師と准看護師って給料が違うの?

これは当然違いますよね。

新卒で月収2万円くらい差があります。

10年くらい経つと5万円くらいの差になっています。

ただ、正看護師と准看護師の仕事内容はほとんど変わらないそうです・・・。

私が派遣で働いていた病院の准看護師の方の多くが、給料に不満を持っていました。

 

【おまけ】職種別年収ランキング

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

様々な職種と比較してみましょう。前章で使用した厚労省のデータに基づいた、女性の全70職種の平均年収ランキング(上位15位分)の表がこちらです。

看護師のお給料は、70職種中第11位。世間一般において高給と言われる医師や公認会計士などに次ぐ上位です。

注目したい所は、弁護士の『15位』。

高給のイメージが強い弁護士ですが、女性に限定して比較すると看護師の年収の方が高いという、少し意外な結果になりました。

 

看護師は高給!ではあるけれど・・・

【看護師の年収】初任給平均はいくら?~私の給与明細お見せします~

出典:iulia.pironea

いかがでしたか?

こうしてみてみると、『看護師の給料って高いようで、意外とそうでもないんだな』と思われたかもしれません。

そして、ここまでのデータから看護師の年収は昇給率が高くはないものの、全体的に他職種と比べてかなり高水準であることがわかります。

たしかに『看護師は高給』と言える結果です。

 

若いうちは高いです。

新人の頃は、新卒で年収300万円台後半、5年目で400万円台と他業種に比べ高くなっています。

同年代の女性に比べても圧倒的に高いですし、男性に比べても高いです。

でも6年目あたりから、どんどん他業種に追い抜かれていきます。

看護師ならよく分かると思いますが、『看護師はほとんど昇給しない』からです。

そのため看護師が給料を上げたいなら転職が一番手っ取り早くて確実です。

月収40万円以上貰っている看護師は、転職して給料アップしている人がほとんどです。

 

また新卒の給料が高いと言っても、夜勤が必須であったり、過酷すぎる労働環境を考えると微妙なところもあります。

例えば夜勤が無ければ、介護ヘルパーに毛が生えた程度の年収です。

それに労働環境も劣悪です。

人の生命を左右し取り返しがつかない責任重大な仕事なのに、10時間以上の長時間勤務やシフトがバラバラの不規則勤務が当たり前だからです。

看護師は女性にとって憧れの職業かもしれませんが、現実は肉体的にも精神的にも過酷すぎる現場ですよね。

 

ちなみに看護師の転職理由は、『やりがい』『仕事内容』が上位に来ます。

けどジックリ話を聞いてみると、一番多く出てくるのが給料面の不満です。

やりがいを重視する人でも『仕事内容と、給料が釣り合わない!』って感じるのが病院という職場です。

確かに資格職であるが故に、仕事がなくて困る、ということはありませんが、お給料を他の職種よりも高くもらっているという裏には、命に係わる仕事であるために責任が重かったり、リスクの高い仕事をしている、という面もあるんです。

そうした事情を、もう少し世間の方々に気がついてもらいたいなと思います。

 

スポンサーリンク
by
現役看護師のだてっちと申します。 家族は奥さんと長男、長女、出産間近の5人家族です。 看護師をやりながら日々思う事をつらづらと書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事