看護師になりたい人の求人情報や給料や転職から現役看護師のお仕事事情まで

看護師アルバイトの体験談!条件や給料がやばい!?現役看護師が大暴露します。

看護師アルバイトのメインジャンル

看護師の働き方は様々で、常勤で働くことが今や常識ではなくなってきています。

  • 非常勤として福利厚生を受け取れる範囲で働く人
  • 純粋な非常勤で働く人(パート・派遣・アルバイトがこれに当たります)
  • 非常勤として掛け持ちをしながら働く人(派遣・パート・アルバイトとして複数の勤務先がある)

このような働き方も多くなってきているのが現状です。

 

もちろん、単発での派遣・アルバイトとして働き給料をもらっている方もいらっいます。

では、これらのアルバイトでの給料や条件はいったいどのようになっているのでしょうか?

 

今回は、私の実際の体験談を含め同じように働いている方のリアルな情報をご紹介しちゃいます!

 

看護師の給料ってどのくらい?

看護師の給料

出典:http://livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/e/6/e64cb66e.gif

リアルな体験談をご紹介する前に、看護師の平均的な給料はそのくらいであるのか把握しておきましょう。

基準を設けておくことで、判断材料の一つとして役立ちますよ。

 

常勤看護師の給料の水準は比較的高く待遇もいいと言われていますが、昇給率はそれほど高くないのが特徴ですよね。

夜勤手当など諸手当を含めた看護師の給与の相場は月額25万円~35万円ほどで、時給計算すると約1900円です。

厚生労働省のデーターによると正看護師の平均年収が475万円(平成23年度)となっています。

男性看護師と女性看護師の年収はそれほど違いがありませんが、数万円男性看護師の方が多くなっています。

 

ただ一般的に見るとかなりの高額と思える看護師の年収ですが、実際に働いている看護師の方はこの金額にも満足をしていないようです。

その主な理由としては非常に多い残業や夜勤勤務に代表される過酷な労働環境にあります。

拘束時間が長く激務な割に収入はそれほど多くはないとうのが実感のようです。

 

看護師アルバイトで給料はどのくらい稼げる?

看護師アルバイトの給料時給

出典:http://nurse-tsuraiyo.com/wp-content/uploads/pixta_776746_S.jpg

看護師のアルバイトをやってみようか悩んでいるあなた。

この後に私の場合における実際の給料について話していきますが、その前に標準的な看護師アルバイトの給料について相場を知っておきましょう。

こちらにおきましても、アルバイト先を決めるための判断材料の一つとして役立ちますよ。

 

アルバイトの時給・相場は?

アルバイトの時給相場

出典:http://kangokyujin-ex-v2.s3.amazonaws.com/images/images/000/000/265/original/s2100-j1900-kangoshi.jpg?1452042494

派遣看護師の給与はアルバイトの種類やジャンルにもよりますが、地方に比べ都心部ほど高くなる傾向があります。

 

首都圏内におけるメインジャンルの時給相場は、下記のようになっています。

  • 一般病床・・・2,000円(夜勤2,300円~30,000円/回)
  • クリニック・・・2000円以上
  • 介護老人施設など・・・1,800円~2,000円(夜勤は35,000円/回という条件も)
  • 訪問看護・・・1900円前後
  • デイサービス・・・・1700円前後

1,700円~2,000円の時給が相場であるといって良いでしょう。

 

夜勤については日給での掲載が多く、30,000円~35,000円が目安となります。

ただひとつ言えることは、施設によってかなりのばらつきがありますのでそのあたりはしっかりチェックしておきましょう!

 

アルバイトでの月収・相場は?

看護師アルバイトの年収

出典:https://welq.cdn-dena.com/images/112194/455682189-calculate-gettyimages.jpg/normal?1454499966

では月収、年収に換算してみましょう。

1日8時間、4週8休で勤務し、年間260日の出勤と仮定すると、

・時給1,700円の場合・・・1,700×8×260= 年収 353万円/月収 29万円
・時給2,000円の場合・・・2,000×8×260= 年収 416万円/月収 35万円
・時給2,500円の場合・・・2,500×8×260= 年収 520万円/月収 43万円

さらに残業では時給が1.25倍となり2,500円なら3,125円になります。

 

深夜勤では1.5倍で3,750円になるためこれを加算していくと、派遣の看護師でも頑張ればかなりの収入を得られることが分かります。

ただ、これはあくまで一例でありますし単純計算です。

冒頭でもお話ししたように、看護師の働き方は様々です。

参考程度にとどめておくと良いと思います。

 

ではいったいどのようにして、どのような考えをもって看護師のアルバイトを決めていったらよいのでしょうか?

実際に看護師のアルバイトをしている人の、本当の給料や条件についてご紹介していきます。

まずは体験談からご覧ください。

 

【実話】常勤をやりながら夜勤アルバイトをして稼ぐ看護師の話

看護師常勤夜勤アルバイト

出典:http://ceburyugaku.jp/wp-content/uploads/2016/01/hospital-nurse_04.jpg

ここで少し、実際のお話をしていきます。

転職やアルバイトには、当たり外れがあると言われているように『情報』が全てです。

ここでご紹介するのは本当にあったリアルなお話しだけですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【きっかけ】すべては家族のために

看護師男性リアル

出典:http://taking-a-stand.jp/wp-content/uploads/2015/04/father.jpg

私は、某大学病院で勤務しています男性看護師8年目です。

妻と7歳の長男と2歳の長女がいます。妻は妊娠中で出産間近です。長女が産まれる頃に35年ローンを組んで、戸建てを購入しました。

 

その頃の年収は、看護師5年目で約550万~600万円くらいだったと思います。

  • 『そこそこあるじゃん』
  • 『全然たりなくない?』
  • 『奥さんの働く予定は?』

なんて思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

私の教育方針の中に『子供が小さい時はママがそばにいてあげてほしい』というものがあるのですが、実際に、教育上子供の人格形成に母親の存在は超重要であり、共働きであるより子供のためであると考えていました。

 

また、妻に働いてもらうのは嬉しいのですが『自分が頑張った方が稼げる』と思っていましたし、その分子供のことや家庭のことを余裕をもってやっていってもらえたらなと考えていました。

やっぱり、親に余裕がない子供にとって良くないと思ったんですよね。

全ては子供のため、家庭のために自分なりに考えていました。

 

しかし、自分でつけていた家計簿を眺めていると段々とあることに気付いてしまったんです。

 

『余裕がない』

 

www。。。

 

そうです。金銭的に余裕がないことに気付いてしまったのです。w

笑い事じゃありませんね。

 

確かに、この年収で妻と3人の子供を育てていくことは不可能ではありません。

今後昇進も視野に入っていましたし、やるべきことをやっていけば昇格していける自信もありました。

 

しかし、年収550万円~の収入では足りないものが私にはありました。

  • 貯金ができない
  • 子供・妻・自分への娯楽費がない
  • 子供の将来のための教育費が貯められない
  • 給料があげるまでに結構時間がかかる
  • お金を気にする生活は夫婦の余裕をなくし、子供に悪影響

このような想いが一気に頭に浮かびました。

 

貯金をする余裕がないということは、夫婦や子供の将来の選択肢が狭まり可能性を激減させます。

そもそも、戸建てを購入したので単純に生活ができていても10年もすればボロが出てきます。

それらに必要な『修繕費』だって必要です。

家庭内にある『家電や家具』においても、もはや消耗品です。

これにもお金は用意しておかなければいけませんし、何があるかわからない『医療費』だって必要です。

その他にも『各種保険』をかけておかなければ、今のご時世生きてはいけません。

※生命保険・学資保険・自動車保険・がん保険・医療保険・地震保険・・・etc

 

このように、家族を守る立場である私からすると圧倒的にお金が足りなかったのです。

 

『このままじゃ家族に安心で満足のいく生活を送らせてあげることができない』

 

そう思ったのです。

 

『給料が上がるには時間がかかるし、上がってもだいたい上限は見えている。だったら自分の力で稼ぐしかない。』

 

ここから、私の『アルバイト生活』が始まったのです。

 

アルバイトを始める

看護師のアルバイト

出典:http://matsuoyuki.jp/wp-content/uploads/2015/04/a61adfb68d3851fbfb7d32051009c6011-660×400.jpg

アルバイトを始めたのですが、この時点では『看護師のアルバイト』ではありませんでした。

私の病院では兼業(副業)は禁止されており、バレた場合は大変なことになってしまします。

 

しかも、その時は看護師のアルバイトに関する『情報』が圧倒的に少なく『他の病院でアルバイトをする』なんて頭になかったんです。

そんな中、始めていたアルバイトが『現場仕事』でした。

そう、完全なる肉体労働ですw

解体業をメインにやっていましたが日当1万円でした。

雨の日も風の日も、雪の日だって夏の猛暑も関係ありません。

ボロボロになりながら月に5万程は頑張って稼ぎ続けていました。

 

しかし、学生のアルバイトならまだしも社会人になり家庭を持った男からしたら『割に合わない』と感じるようになってしまったのです。

だって、休日返上で家族との時間・自分の時間・付き合いの時間を犠牲にして働いて尚且つ、体力は目に見えて落ちていったのですから。。。

とにかく『効率が悪い』ということを強く感じ、同じ時間を犠牲にするならもっと稼ぎたいし家族の生活に潤いを与えたいと考え始めたのです。

 

そして私は決意しました。

『看護師のアルバイトをしよう』

ついに行動を起こしたのです。

 

私が行動した実際の内容

看護師夜勤アルバイト

出典:http://cdn.slism.net/2013/05/150724_tanosikaiwa.jpg

『看護師のアルバイトをして稼ぐ』と決意した私は、即行動に移しました。

『善は急げ』じゃありませんが、考えているだけでは何も始まりません。

決意だけでは何も変わりません。行動するしかないのです。

 

実際に行動した私は、看護師のアルバイトをするにあたって知人や友人の情報から集めました。

病院にはそれぞれ機能や特色がありますので、それらに伴う実際の生の声を聴くことで自分はどういった病院で働きたいのか、選択肢を広げるためにもう一度考えることにしました。

インターネットや求人を見ても、リアルな勤務状況や雰囲気は絶対に分かりません。

身近な知人や友人からの情報は本当にリアルなものばかりで、転職や就職活動に最も役立つと言っても良いでしょう。

 

前述したように、転職やアルバイトにおいて当たりはずれは必ずあります。

転職やアルバイト探しで成功するには『情報』が全てですよ。

経験豊富な看護師の方であれば必要ない部分もあるかと思いますが、経験が浅い方や初めて転職やバイトをされる方は絶対に欠かせない部分になりますので、ぜひやってみることをおすすめします。

 

派遣・転職サイトへ登録

看護師求人アルバイト

出典:http://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C789_mbawosawarute.jpg

ある程度の情報収集ができたら、さらに広い範囲での情報も必要になってきます。

アルバイト先の情報収集の際には、自分が働いていた病院以外での『働きがい』や『働きやすさ』に重点を置いてリサーチされるかと思いますが、最低限押さえておきたいポイントをあげておきます。

  • 病院特有の活動
  • 実際の看護
  • 雰囲気
  • 有休休暇はちゃんと取れるのか
  • 残業代はちゃんともらえるのか
  • 勤務希望は受けてもらえるのか
  • 福利厚生
  • 給与・賞与
  • 純粋に忙しいのかそうでないのか

このくらいはしっかり押さえておきましょうね!

 

前述したように、これらの情報を身近な方からも収集しますが、実際にバイトや転職したいのは知人や友人が勤めている病院ではなことがほとんどであるかと思います。

 

また、上記のような多くの情報を得るには結構な時間と労力がかかります。

そこで、おすすめなのが看護師の転職サイトや求人サイトへの登録です。

やはり情報社会の現在、ネットの力は必要です。

情報量がハンパじゃありませんw

身近な人からの情報収集にも限界があります。

 

転職・派遣サイトへ登録することで多くの情報を入手できる他、その情報の中から転職のプロのサポートを受けることができ、さらにはお得なキャンペーンなんかにも乗っかることができちゃいます

病院説明会の案内や紹介・就業条件の相談なんかも気軽にできます。

これはもはや必須ですので、バイト探しに失敗したくないあなたは登録しておくことをおすすめします。

 

一回いくら?時間は?看護師のアルバイトを始めて生活に潤いが

看護師のアルバイト生活費

出典:http://how-match.jp/wp/wp-content/uploads/2015/08/15f75c267d67bd522a58bca32ef0d897_s.jpg

実際に『転職・派遣・求人サイトへ登録する』という行動を起こした私は、看護師のアルバイトを始めることができました。

 

私の場合は、常勤として勤務しての某大学病院と兼業となりますので『夜勤アルバイト』という勤務形態を選択しました。

それでは、周囲の派遣スタッフの勤務状況や給料などをご紹介しておきますね。

ちなみに、普通に紹介しちゃっていますが『副業が禁止されている病院でバイトがバレない方法』についてはまた別の機会にw

 

まずは私の場合、1ケ月の内、休日が約9~10日あります。これは公休といわれるものですね。

夏休み・有給休暇を合わせるともう少し休みが取れる月もあります。

頻度としては、夜勤を月に平均3回程度。

気になる給料は、およそ10万円ちょっとの収入を得ていました。

夜勤ですと、34000円/日です。

勤務時間は16:45~8:45となっています。

 

ちなみに、就業条件を確認したところ日勤は8:30~17:00で2133円/時給でした。

一般的に言われている看護師のパート・アルバイトの時給相場は1500円程度ですが、これは仕事の内容や地域、施設によってかなりの格差があります。

お子さんを保育園に送り出してから出勤されている方もいらっしゃって、9:00~15:00で勤務されているようでした。

 

つまりは、『就業時間も応相談』ということが可能なようです。

話を戻しますが、私の場合頑張った月は計15万以上稼いでます!

頑張れば頑張った分だけお金がもらえます。

夜勤中は夕食前後や体交以外は比較的落ち着いていて、仮眠や休憩がたくさん取れるなんてことが日常です。

多い時は3~4時間休んでいますw

実際細かい確認作業などもありますが、私の場合は空いた時間は休憩するも良し・本業の病院の仕事をするも良しって感じで時間を有効に使っています。

 

また、私の場合の勤務状況として主に2連休を使って行っています!

もしくは、常勤の夜勤明け終了後仮眠をとって派遣の夜勤に行きます。

『連休を使うのはもったいない』と思いますが、日勤を希望される方はほとんどの場合休日を使うことになるでしょう。

私の場合は小さな子供がおりまして、明けでまた夜勤に行くと全然触れ合えなくてさびしいからですw

もちろん連休を使っていくのも同じなんですが^^;

明けでいくのは家を空ける時間も連続して長くなってしまいますし、体力やメンタルの問題もあります。

それでも、頑張った分は稼げます。

ここで働き方の一例をもう一つ上げておきます。

 

私がバイトしているところでは、本業も夜勤専従で派遣バイトも夜勤をやっているスーパーマンがいますw

完全なる夜勤専従看護師ですね!明けで夜勤を繰り返している元気なおばちゃんですw

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、かなり稼いでいます!

この方は本業夜勤9~10回で多い時は、バイトの夜勤が8~10回。(←頑張りすぎw)

詳しく聞けたわけではありませんが、単純計算はできますよね?

 

本業と合わせて、手取りで月に50~60万以上は稼いでいると思います。

 

これは極端な例となっていますがですが、やはり『頑張った分だけ稼げる』ということが分かる例ですよね!

実際に、私の場合も生活にもゆとりができました!

冒頭でもご紹介させていただきましたように、我が家は妊娠中の妻と7歳・2歳の子供がいます。

これを常勤の給料だけで養っていくのは正直、生活を切り詰めなければなりません。

 

そうやって生活している方もいらっしゃるとは思いますが。。。

  • 好きなものも食べられない
  • 好きなものも自由に買えない
  • 旅行など行きたい場所にいけない
  • 呑みにも行けない
  • 親しい人の結婚式もいけえない
  • ケチケチし始める

こんなのは男としてはやってられませんw

 

『家族にも不自由させずに自分にもゆとりを』

 

こんなことを考えていました。

人間はお金がないと余裕がありません。夫婦仲も悪くなります。ゆくゆくは家族仲までも・・・

なんてことにはなりたくありませんね。特に子供には満足のいく教育と生活をさせてあげたいですよね!

お金がすべてとは思いません。

ですが、それが現実。私はそう思います。

世の中はそんなに優しくありません。

今、働いている環境で悩んでいるあなた!!

バイトするもよし。思い切って転職するもよし。

まずは環境をかえてみてはいかがですか?

 

環境を変えようと動ける人は、お金も稼げる人。私はそう思います!!

前述したように、『情報』さえあれば働く場所は無数に選べます。

 

紹介や、サイトを通じて調べてみると良いでしょう。常勤・非常勤・派遣にかかわらず、自分に合うか合わないか実際に働いてから決めてもいいと思います!

 

どっちが稼げる?看護師アルバイトで働くメリット・デメリット

看護師メリットデメリット

出典:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ_DG-4d-Mq9W3WEZGYJ6dvCxfttfk9_pYLXIszcu09ploHELEOUw

ここまで、私の場合における実例を挙げてきました。

看護師バイトをしていると様々な働き方をされている方がいることが分かりました。

拘束時間の長い常勤勤務を嫌い、あえてパートやアルバイトという勤務形態を選択する看護師の方も少なくないようです。

家庭と仕事を両立したい、常勤での仕事は体力・精神的にもきついという理由で拘束時間の短いパート・アルバイトという働き方を選択する方もいるようです。

では、そんな看護師のアルバイトで働くメリットやデメリットはなんなのでしょうか?

 

看護師アルバイトのメリット

看護師アルバイトの体験談!条件や給料がやばい!?

出典:http://kango-labo.com/img/nurse-manager-wage.jpg

パートやアルバイトという勤務形態のメリットをまとめると

  • 働く時間を選択できる
  • 働く場所を選択できる
  • いつでも辞めることができる
  • いつでも始めることができる
  • 人間関係をあまり気にせず働ける
  • 委員会や係りといった、他の業務を任されることが少ない
  • 責任が重くない

ちょっと考えただけでもこのくらいのことは言えるかと思います。

 

アルバイトの場合、1日だけ、1週間、1ヵ月、それ以上と働く期間も選ぶことができます。

もちろん夜勤を避けることもできますし、残業もないことの方が多いです。

実際に私は一度も残業をしたことがありません。

病院側も派遣会社側も、後々クレームになり兼ねないことは極力さけたいですからね^^;

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、看護師アルバイトをする私たちは病院や派遣会社にとって『お客様』なのです。

立場的に有利なこともあるのです。

 

看護師アルバイトのデメリット

看護師デメリット

出典:http://www.看護師転職サイトランキング2.com/wp-content/themes/keni62_wp_pretty/images/kango92.jpg

次に看護師アルバイトをする上でのデメリットを挙げていきます。

何でもそうですが、メリットがあればデメリットもありますよね?

何か上手くいくようにするには当然、何かを犠牲にしなければならないのです。

  • 常勤より給料が低い
  • 社会保証が劣る
  • 有休・産休はない(就業条件によってはあるかも)
  • ボーナスがない
  • 昇給がない
  • 退職金がない
  • どれだけ一生懸命やっても評価されにくい
  • 評価されてもこれといってメリットがない
  • 契約期間がある(要相談)
  • 施設によって当たり外れがある

この他にもあるかと思いますが主にこれらのことが言えるかと思います。

 

パートやアルバイトにはボーナスや定期的な昇給がありませんので、収入面で常勤に比べると劣るというデメリットがあります。

劣っているのは収入だけでなく福利厚生面でも同様で、就業条件や勤務時間にもよるかと思いますが社会保障が完備されていません。

産休・育休・有給休暇がない、産休の給与がない、退職金がないなどもデメリットに当たりますよね。

これらのことを踏まえてをやっていくと、失敗しない・後悔しない看護師アルバイトができるかと思いますよ

 

看護師アルバイトのメインジャンル8選

看護師アルバイトのメインジャンル

出典:http://fuzzyknights.com/images/iryouvw01.jpg

私の実体験や実例を挙げて看護師のアルバイトについてご紹介してきましたが、看護師のアルバイトにはの種類がありますね

 

数え切れないほどあるかと思いますがいくつかメジャーなものとしては

  • 日勤バイト
  • 夜勤バイト
  • 単発バイト

が挙げられるかと思います。

 

さらに細分化すると

  • 病棟での勤務
  • 外来での勤務
  • クリニックでの勤務
  • 介護老人施設などでの勤務
  • 企業での勤務
  • 採血業務
  • 引率バイト
  • その他イベント

などなど様々なアルバイトがあります。

 

病院や施設でのアルバイトはイメージが付きやすいかと思いますが、企業や単発でのアルバイトは経験している人も多くはないかと思います。

企業でのアルバイトは企業医務室で、従業員の健康管理・指導、急病・怪我の処置、カウンセリングになります。

体調不良や急病への対応が多くなりますが、忙しい職場ではありません。

引率系は、旅行会社での求人や高校や中学校の修学旅行の付き添い業務があります。

実際にやっている方から聞いたところ、結構楽しんでできるみたいですよ

 

何もなければ、一緒に旅行を楽しめるのですからねw

その他、様々なイベント行事などでの単発求人もあるようです。

これだけ多くの選択肢があるので、やはり派遣・転職などの求人サイトを活用した方が断然効率的ですね

 

アルバイトを探す時に気を付けたい9つのポイント

看護師アルバイト

出典:http://看護師求人サイト口コミ.jp/img/tenshoku-site-iroiro.jpg

『派遣・転職サイトへ登録』という項でもご紹介しましたが、看護師のアルバイトを探すときには気を付けておきたいポイントがあります。

私たちは『お客様』ですが、『選択する力』をきちんと身に着けておかなければ後々後悔することになります。

  • 実際の看護
  • 雰囲気
  • 残業代はちゃんともらえるのか
  • 勤務希望は受けてもらえるのか
  • 福利厚生はあるのか
  • 給与は低くないか
  • 純粋に忙しいのかそうでないのか
  • 契約期間は守られているのか
  • 紹介元(派遣会社)・紹介先(勤務しているところ)のサポートはちゃんとしているのか

これらの点については最低限注意しておいた方が良さそうです。

 

看護師のアルバイトは当たり外れが少なくないと何度もご説明しているように、ブラックなところで働かないように気をつけてくださいね

 

【無料で探せる】アルバイトをするならここ!

看護師アルバイトの転職求人

出典:http://svetovecelebrity.com/images/danjo.jpg

看護師のアルバイトについて、リアルな体験談を踏まえてご紹介してきました。

多くの情報を得るには結構な時間と労力がかかります。

そこで、おすすめなのが看護師の転職サイトや求人サイトへの登録です

やはり情報社会の現在、ネットの力は必要です。

情報量がハンパじゃありませんw

身近な人からの情報収集にも限界があります。

 

転職・派遣サイトへ登録することで多くの情報を入手できる他、その情報の中から転職のプロのサポートを受けることができ、さらにはお得なキャンペーンなんかにも乗っかることができちゃいます

 

また、病院説明会の案内や紹介・就業条件の相談なんかも気軽にできます。

これはもはや必須ですので、バイト探しに失敗したくないあなたは登録しておくことをおすすめします。

今働いている環境やお金のことで悩んでいるあなた!!

バイトするもよし。思い切って転職するもよし。

 

まずは環境をかえてみてはいかがですか?

 

環境を変えようと動ける人は、お金も稼げる人。私はそう思います!!

前述したように、『情報』さえあれば働く場所は無数に選べます。

紹介や、サイトを通じて調べてみると良いでしょう。

常勤・非常勤にかかわらず、自分に合うか合わないか実際に働いてから決めても良いかと思います!

 

派遣バイトであれば

  • 自分にはきつかった
  • 働き方が合わない
  • 人間関係が上手くいかない

なんてことがあっても辞めやすいwやめても後ずさりなし。

 

他人への迷惑も掛からないですよね?

夜勤にしても、日勤にしてもある程度『楽に稼ぎたい!』

そう思う方が大半ではないでしょうか。私もそうです。

良いところに当たれば、『夜勤中は暇で仮眠や休憩がたくさん取れる』なんてことがあります!

 

実際にあるんです!!

 

なので、自分が求めている職場を探すには情報収集が大事です!!

徹底的に調べましょう!

その分、楽に稼げるようになります。

同じ看護師として、充実した人生を送りましょう。

スポンサーリンク
by
現役看護師のだてっちと申します。 家族は奥さんと長男、長女、出産間近の5人家族です。 看護師をやりながら日々思う事をつらづらと書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事