看護師になりたい人の求人情報や給料や転職から現役看護師のお仕事事情まで

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

看護学生をしている人の中には、病院に就職すると人間関係や仕事がハードで大変だから嫌だな、病院とは違う所に就職しようかなと考えている人もいるのでは?

もっと病院よりも仕事がしやすい所はないかな、病院以外で働ける所にはどんな所があるんだろう?と思いますよね。

確かに病院で看護師をしていると、きついなぁと思う時はたくさんあります。人間関係に仕事の内容、休みが取れないなど、数えだしたらキリがありません。

でも、就職先を調べるには国家試験対策や実習などで時間がないというのが現実。

そこで今回は、病院以外の就職先を考えているあなたにお勧めしたい就職先をランキングにまとめました。

それぞれの仕事内容と、メリットデメリットについてご紹介します。

 

ランキングを紹介する前に、新卒で病院以外の就職先を選択するということについて、知っておいてほしいことがあります。

 

お好きなところからどうぞ

新卒で病院以外へ就職することで知っておくべきことは?

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

新卒の看護師が病院以外を就職先に選択するということは、病院を選択する時との違いがたくさんあります。

その中でも知っておくべきことを2つ紹介します。

 

求人情報が少なくて公開されにくい

病院以外の求人は、基本的に公開されることが少ない傾向にあります。そして人気があって、定着率も高い。だから、求人は公開されてもすぐに籍が埋まってしまうという特徴があります。

転職エージェントには、そんな非公開の求人がある場合もあります。検討してみるのもお勧めです。

 

看護技術や知識は自分で磨かないといけない

病院では技術研修や学習会を実施していたり、先端の技術を取り入れる病院が多くあります。

でも、病院以外の就職先を選択した時には、そんな先端の技術を学習する機会が少なくなります。

そして、看護学校で学んだ看護技術を実践で活かす機会が少なくなるというのも特徴です。病院では、看護師の看護技術を活かす場面ばかりなのですが、病院以外ではなかなか活かす場面がありません。

と、いうことは看護に関する技術は錆びないように自分で磨いて、新しい情報は自分で獲得しないといけないということになります。

 

ちょっと新卒で病院以外に就職するのは大変そうだなと感じているかもしれませんが、病院以外の就職先に就職している先輩看護師がいるのも事実です。それに、人気があるというのも見逃せません。

では、実際にどんな種類の就職先が人気なのかランキングにしてみました。

 

人気の就職先8位!保育園や幼稚園の看護師

実は、看護師も保育園に就職できるんです。数年前から厚労省の通達で、保育園には看護師を設置するという動きになってきています。

 

保育園や幼稚園の看護師の仕事

保育園の看護師は園児の健康管理をします。

病院のような医療的な観察はしませんが、毎日園児の健康状態を観察して変化に注意しないといけません。

さらに、園児の保護者や園児に対しての流行性の病気に関する啓発活動もしています。

園児は基本的に健康な子が多いので、医療行為をする機会はほとんどありません。ただ、急な発熱やケガなどに対する処置を行う必要があります。

経験年数が経つと、担任のクラスを任されることもあります。

 

保育園の看護師のメリット

  • 健康な子供が対象なので、張り詰めた空気感が少ない
  • 子供と遊ぶのも仕事なので、楽しく仕事をすることができる
  • 保育園が土日祝と休みなので、休日を安定して取ることができる
  • 子供ができたら、自分が働いている保育園に預けながら仕事ができる
  • 子供の特徴や健康について、そして成長についても学ぶことができる

 

保育園の看護師のデメリット

  • 給料水準が看護師の水準に比べて低いので、お給料が看護師の友達よりも安い可能性がある
  • 看護師が1人である場合が多いので、看護師としての悩みなどの相談相手がいない可能性が高い
  • 保護者からの相談が多いので、子供の健康や病気の予防に対しての知識が必要になる
  • 職場は保育士がメインで働いているので、保育士との人間関係作りが重要になる

 

人気の就職先7位!コールセンターのオペレーター

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

健康相談のコールセンターには、看護師や保健師、助産師や医師なども在籍していることがあるんです。

 

コールセンターのオペレーターの仕事

コールセンターには一般企業が会員向けに行っているものから、市区町村の夜間の電話相談のように対象を限定しないものまで様々なものがあります。

コールセンターでの看護師の仕事は、電話で医療相談や健康相談を受けて対応することです。

電話の内容は、簡単な健康維持に関する相談から、救急対応が必要な急変時の対応まで内容はいろいろです。

看護師には診断したり治療をするという権限はありません。救急対応が必要な場合には、病院の受診を勧めることもあります。

また、対象になる人は子供から高齢者まで幅広いため、いろんな知識が必要になります。

電話での応対だけで状態を判断しないといけないという点が、コールセンター最大の特徴です。

看護師は基本的に問診の他にも視診や触診といった、手で触れて目で見て観察する場合がほとんどです。

それができないということは、問診力が問われるということになります。

 

コールセンターのメリット

  • 電話を受け付ける仕事なので、体力がなくてもできる
  • 対象になる人が幅広く、相談内容もバラエティに富んでいるので、幅広い知識を得ることができる
  • オペレーター同士話す機会が少ないので、人間関係を気にせず働くことができる
  • 比較的お給料が高いので、生活が潤う
  • 服装が自由なので、おしゃれができる

 

コールセンターのデメリット

  • 問診だけでの判断になるので、症状からの判断できるだけの知識量が要求される
  • 電話応対で判断しなければいけないので、緊張感と責任がある
  • 24時間対応している所が多いので、夜勤があって生活リズムは保ちにくい
  • 求人が少ないので、見つけるのが困難
  • 臨床経験を要求する求人が多いので、新卒採用の枠が少ない

 

人気の就職先6位!治験コーディネーター

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

看護師の資格や医療的な知識を持っていると、治験コーディネーターは就職後に有利です。

 

治験コーディネーターの仕事

治験コーディネーターの仕事は、治験に関わる人たちの調整役です。

治験(臨床での安全性の確認)を行うには、様々な所が関わります。例えば、製薬会社や医療機器のメーカー、そして治験を実施する病院などの医療機関、さらには検査を行う施設です。それらの担当者と患者さんの橋渡しをする役目があります。

治験コーディネーターには、関係者を手配したり、その人たちのスケジュール調整を行うという役割があります。

そして、必要な設備や施設の準備をするのも治験コーディネーターの仕事です。

治験がスムーズに進むようなマネージャー的役割を担うわけです。

そして、治験に協力してくれる患者さんを探し、協力をお願いして治験についての説明もしています。

治験に関する書類作成も治験コーディネーターの仕事です。これには、厚生労働省に提出するような重要な書類も含まれています。さらに、データをまとめた資料作りなどもしています。

 

治験コーディネーターのメリット

  • 夜勤がなく、土日の休みが取れるので、プライベートを充実させやすい
  • 肉体労働ではないので、体力がなくても大丈夫
  • 病院のような緊迫感がないので、精神的負担が小さい
  • 一般の社会人としての常識やマナーを身につけることができる

 

治験コーディネーターのデメリット

  • 看護師としての知識が活きるのは一部で、ほとんどOLと変わらない
  • 資料の作成や書類の作成といった事務的な仕事が多く、デスクワークがメインになる
  • いろんな業種の人の橋渡しをするので、コミュニケーション能力が要求される
  • 一般企業なので、ビジネスマナーを覚えなければいけない
  • 一般企業なので、お給料が病院の看護師よりも安い可能性がある

 

人気の就職先5位!商業施設の看護師

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

実は、こんな就職先もあるんです。大きな商業施設やレジャー施設では、医務室を設置している所があります。あまり知られていない縁の下の力持ちと言ったところですね。

 

商業施設の看護師の仕事

商業施設の看護師の仕事は、お客さんや従業員で体調不良になった人やケガをした人への対応をすることです。

商業施設に来る人や働いている人のほとんどが、健康な人ですが急に具合が悪くなったり、ケガをすることがあります。そういった時の応急処置をするのが仕事なのです。

でも、医務室には簡単な器具しか置いていません。

重病な場合やケガの程度が重い場合には、病院を手配したり、救急車を手配したりします。

そして、看護師には施設内をラウンドするという業務もあります。

いろんなお客さんがいる中で、具合の悪そうな人がいたら声をかけて対応するといったこともしています。

 

商業施設のメリット

  • 営業時間が決まっているので、時間に正確で残業がない
  • 定休日が決まっていて休日出勤がないので、休みの計画が立てやすくてプライベートを充実させやすい
  • 看護師の人数が1人だけではないので、精神的な負担が少ない
  • 公共交通機関が多い場所が多いので通勤に便利な可能性が高い

 

商業施設のデメリット

  • お給料が病院勤務に比べて安い
  • 求人数が少ないので、見つけにくい
  • 看護師としてのスキルアップにつなげにくい

 

人気の就職先4位!大学の保健室や保健管理センターの看護師

小中学校の保健室に勤務しようと思うと、養護教諭の資格が必要になりますが、大学の保健室や保健管理センターの場合は、看護師の資格だけで就職できるんです。

 

大学の保健室や保健管理センターの看護師の仕事

大学の保健室や保健管理センターは、小学校や中学校の保健室のような役割をしています。

そこに在籍する看護師の仕事は、学生や教員への救急対応です。

学生や教員が体調不良になったり、ケガをしたときの応急処置をします。

さらに、学生に対しての保健指導や衛生指導もしています。感染症の予防対策も仕事の1つです。

これらの仕事以外にも、大学によっては他にも仕事を任される場合があります。

看護の対象者のほとんどが、18~22歳の大学生というところも特徴です。

いじめ問題や就職活動の行き詰まりなど様々な悩みやストレスを抱えやすい時期なので、メンタル面のフォローがとても大事になります。

また、大学の規模によって仕事量が変わるという特徴もあります。

大きな大学ほど、仕事量が多くなります。

 

大学の保健室や保健管理センターのメリット

  • 基本的に土日が休みで、学生の休みが多いので、他の職場に比べて休みが多い
  • お給料がいい場合が多く、待遇も良い場合が多い
  • デスクワークが多いので、体力的な心配がいらない
  • 残業することがほとんどないので生活リズムを保つことができる
  • 1人勤務の所では、自分のペースで仕事をすることができる

 

大学の保健室や保健管理センターのデメリット

  • 退職者が少ない職場なので、求人数が少ない
  • 安定した収入は得られるが、お給料のアップはしにくい
  • 看護師としてのスキルアップにはつながりにくい

 

人気の就職先3位!企業内医務室の看護師

一般企業でも、大きな企業になると企業の中に医務室を設けているところがあります。企業の中の保健室といったイメージです。

 

企業内医務室の看護師の仕事

企業内医務室の看護師は、その企業の従業員の1人です。

会社の中にある医務室に勤務することになります。

企業内医務室での仕事は、その企業の従業員の健康管理と応急手当です。

仕事中に具合が悪くなったり、ケガをしてしまった従業員の応急処置をします。

さらに、従業員の健康面での相談を受けたり、メンタルケアを行うこともあります。

健康管理も主な仕事なので、健康診断を取り仕切るのも企業内医務室の看護師の仕事です。中には、従業員の健康管理に関するプロジェクトを実施したりする所もあります。

 

企業内医務室のメリット

  • 企業の従業員として働くので、比較的安定している
  • 夜勤や残業がほとんどないので、生活リズムを崩す心配が少ない
  • 生命に関わるような事態になることが少ないので、精神的な負担が軽い
  • 1日に訪室する従業員の数が少ないので、ゆっくりと仕事ができる

 

企業内医務室のデメリット

  • 離職率が低く、求人数が少ない
  • 看護技術を実践する機会が少ない
  • お給料が企業の規定に従っていてボーナスが企業業績に左右されやすい
  • 病院勤務に比べてお給料が安い
  • ビジネスマナーを身に付けないといけない
  • パソコンスキルが必要なところが多い

 

人気の就職先2位!クリニックや診療所の看護師

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

やっぱり看護学校を卒業するんだし、看護師の道は捨てたくないなと思う人には、クリニックや診療所での看護師という選択肢があります。キャリアのある看護師の転職先としても人気ですが、新卒でも採用するクリニックや診療所もあるのです。

 

クリニックや診療所の看護師の仕事

クリニックや診療所の看護師の主な仕事は、診察介助と雑用です。

診察に来た患者さんの問診をして、バイタル測定をします。そして医師の診察のアシスタント採血・点滴などを行います。検査のある患者さんへの説明をするのも看護師の仕事です。

クリニックや診療所によっては、心電図レントゲン撮影の準備も看護師がしています。

そして、クリニックにはスタッフが少ないため、雑用も看護師がします。

例えば、医療器具の洗浄や消毒・滅菌、衣類やシーツなどの洗濯、クリニックや診療所内の掃除、薬品や備品の在庫確認と発注などです。

さらには、受付のいない所では、看護師が受付をして、電話の対応もしたりします。

 

クリニックや診療所のメリット

  • クリニックには夜勤がない場合が多いので、生活リズムを崩す心配が少ない
  • 休みが決まっているので、プライベートを充実させやすい
  • 高度な知識を要求される場面が少ない
  • 生死に関わる場面に出会う機会が少ないので、精神的な負担が少ない

 

クリニックや診療所のデメリット

  • 雑用が多くて、医師の指示によって仕事内容が決まるので、看護師として働いている実感は持ちにくい
  • 働いている看護師の数が少ないので、急な休みが取りにくい
  • クリニックや診療所の経営状態によってお給料やボーナスが決まるので、お給料の安定感に欠ける

 

人気の就職先1位!高齢者施設の看護師

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

高齢者施設の看護師は転職先として選択される場合が多いですが、新卒の採用もしているところがあります。

病院の張り詰めた空気が苦手で、のんびりまったりなら看護師をしてもいいかなと思っている人にはお勧めです。

 

高齢者施設の看護師の特徴

高齢者施設での看護師の仕事は利用者さんの健康管理です。

高齢者施設では、バイタル測定経管栄養の管理血糖管理排便コントロール浣腸摘便などを含む)を行います。吸引が必要な利用者さんには、吸引もします。内服薬の管理服薬介助、そして軟膏の塗布など様々です。

褥瘡のある利用者さんへの褥瘡処置もあります。

また、これらの医療行為意外にも排泄介助入浴介助といった介護士の業務の手伝い、マッサージや関節可動域訓練のようなリハビリもあります。

 

高齢者施設で看護師をするメリット

  • 病院のように張り詰めた空気の中で仕事をすることは少ない
  • 1日の業務の流れがゆったりしているので、まったり時間を過ごしながら仕事ができる
  • 夜勤がないので生活リズムを安定させることができる(オンコールがあることもあるので施設による)
  • お給料が比較的高い施設が多い
  • 認知症や高齢者に多い疾患、介護技術を学ぶことができる

 

高齢者施設で看護師をするデメリット

  • 新卒看護師よりも転職看護師が多いため、新卒だと人間関係に苦労する可能性がある
  • 介護職員がメインの現場なので、介護職員との連携を求められる
  • 介護職員の手伝いをする機会が多く、看護師としてよりも介護士としての仕事の方が多く感じることがある
  • 研修などへの参加は自己判断でしないといけないことが多く、勉強するには努力が必要

 

まとめ

看護師の仕事の種類は様々!病院以外の就職先で人気があるのは

病院以外への就職は

  • 求人情報が少なくて公開されにくい
  • 看護技術や知識は自分で磨かないといけない

という特徴がありました。

それでも、看護師の資格を活かした病院以外の就職先には、ランキングに挙げた以外にもたくさんの選択肢があります。

どこに就職しようかなと迷ってしまいますよね。

病院以外の就職先はたくさんあって、看護師を必要としている現場は多いということです。

どんな所で働きたいと思うかは、あなた次第です。

看護師は1つの仕事上のスキルに過ぎません。どんな生活をしたいと思うかということを大事にして就職先を選んでくださいね。

スポンサーリンク
by
現役看護師のだてっちと申します。 家族は奥さんと長男、長女、出産間近の5人家族です。 看護師をやりながら日々思う事をつらづらと書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事