看護師になりたい人の求人情報や給料や転職から現役看護師のお仕事事情まで

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

看護師年収男性1000万

看護師は一般の会社と異なり、女性が多く活躍している業種です。一般の職業に比べて、年収も多いですが、男女で差はあるのでしょうか?

また、看護師といえば高収入でありますが、看護師で年収1000万を達成することは可能でしょうか?

 

看護師の年収は男女で差があるの?

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

看護師の平均年収は約473万円だそうです。男性看護師に限って平均年収を見てみると、474万円とほとんど差がありません。

同世代のサラリーマン男性の年収が499万円であるため、一般のサラリーマンに比べて男性看護師の年収は若干低くなります。

看護師の職場環境は女性が多く活躍している職場であるために管理職も女性が占める割合が高く、男性看護師の年収は、ほかの職業の男性に比べて低くなってしまします。

 

看護師が年収1000万を狙うには?

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

女性が多く活躍している看護業界で、一般的に男性看護師の出世は難しいと考えられがちですが、実はそうではないのです。

実際に男性看護師の看護部長は少ないかもしれません。しかし、一般的な会社と同様に、結婚や産休、育休、などのライフイベントによって休職する可能性の低い男性のほうが、出世は狙いやすいです。

男性看護師も出世が狙えることがわかりましたが、男女関係なく看護師が年収1000万を狙うにはどんな方法があるでしょうか?

 

美容整形外科の看護師になる

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

看護業界で一番高収入が得られる分野として、美容整形外科があります。

美容整形外科では自由診療を取り扱っており、利益が多く見込まれる病院がほとんどです。

それによって年収も高くなります。また、基礎化粧品の販売を行うことによりインセンティブを受け取ったり、施術の成約件数によってボーナスが支給される仕組みになっている病院も多く、自身の頑張り次第で年収アップを狙えます。

患者のほとんどが女性であるため、男性看護師が働きにくいイメージがあります。しかし、近年美容に気を使う男性が増え、美容整形外科にも男性の患者さんが増えてくるようになりました

 

また、薄毛や脱毛症、包茎など男性を対象とした治療も美容整形外科で取り扱っており、女性看護師に対応されると恥ずかしい患者さんも多く、男性看護師を求めている美容整形外科も多くあります。

 

では、どのような看護師が美容整形外科に求められているでしょか?美容整形外科では、基本的に患者さんは健康な方が多いです。

したがって、接遇はもちろん、採血や点滴など医療行為についても高い質を求められ、コミュニケーション能力と高い技術を持っている看護師が求められています。

また、化粧品の販売や施術の成約件数によって収入が大きく変化しますので、会話術が巧みな人が美容整形外科の看護師として向いているといえます。

 

臨床開発モニター(CRA)の看護師になる

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

臨床開発モニターとは、製薬会社や製会社から委託された外部機関で新薬を開発するために必要な治験を製薬会社側からサポートする仕事のことです。

病院に就職するのではなく、製薬会社、もしくは製薬会社から委託された機関に勤めることになるので、比較的高収入が狙えます。

臨床開発モニターとして働く際に特別な資格を有する必要はなく、看護師としての臨床経験を生かして働くことができるため、病院での臨床経験が必要となってきます。

臨床開発モニターとして未経験で就職すると年収は400万程度となり、年収1000万には程遠いです。

 

しかし経験を積んでいくことで驚くほど年収が上がっていき、年収1000万も十分狙えるようになります。そもそも臨床開発モニターの看護師はどのような仕事をしているのでしょうか?

 

新薬の開発には治験といわれる臨床実験が必要になってきます。治験は計画書や様々のルールに沿って行われていきますが、計画書通りに進んでいるか、適切に行われているかをモニタリングしています。

新薬が開発されることで、救われる患者さんが多くおられ、CRAとしてのやりがいにつながっています。

 

それでは、CRAとして活躍し、年収1000万になるにはどんなスキルが必要でしょうか?

 

新薬の開発にかかわる資料の多くは、英語で書かれています。新薬の開発にかかわるには日常生活レベルの英語力だけでなく、医学用語や薬学用語も理解する能力が必要です。

また、国内の製薬会社よりも外資系製薬会社のほうが年収が高い傾向にあり、外資系の会社に勤める場合ビジネス英語も必要となってきます

英語のほかに必要となってくるスキルとして、パソコンの基礎的な能力が必要となります。

CRAには報告書や計画書、同意書などの書類作成の業務があります。

そのため、タイピングやword、Excelなどの基礎的なパソコンスキルが必要不可欠となってきます

CRAとして勤務する場合、出張に行く機会が多くなります。

行動力が求められ、家庭を持っても家を空けやすい男性の方がCRAとして向いているといえますが、土日祝が休みのことが多く、夜勤もないため女性も働きやすい環境と言えます。

 

訪問看護ステーションを経営する

現在、入院患者の在院日数の減少を目標としている病院が多く、看護の活躍の場が病院から在宅へとシフトしていこうとしています。そのため、訪問看護ステーションの需要は多く、看護業界においてこれから注目の分野です。

訪問看護師として勤務する場合、年収は病院勤務の看護師と大きく差はありません。

しかし、訪問看護ステーションを開設して経営した場合、年収1000万を狙うことも十分可能です。

訪問看護ステーションを開設するには特別な資格はいりませんが、訪問看護を経験したことのない人が運営を行うことはとても難しいです。

 

訪問看護ステーションを開設して1000万の年収を得るためにはどのようなことが必要でしょうか?

 

まずは訪問看護師としての勤務経験が必要となってきます。できれば管理者としての経験や訪問看護の認定看護師の資格があればなおいいと思います。

 

看護師としての経験よりも重要となってくるのが、会社経営の知識です。会社経営について知識のない人が、訪問看護ステーションを開設し運営すると最悪の場合多額の借金を負う可能性もあります

会社経営についてのノウハウがあって、会社の利益を冷静に見極められる才能があれば年収1000万も可能です。

女性よりも男性のほうが一般的に数字に強く、会社経営や訪問看護ステーションの運営に向いているといわれていますが、こちらも男女ともに年収1000万を得ることは可能です。

 

そのほかの年収1000万を狙う方法

男性看護師の年収は女性看護師に比べて高い?年収1000万も可能か

上記以外に年収1000万を狙う方法はあるのでしょうか?

認定看護師や専門看護師の資格を取って、スキルアップし年収アップを狙うことも可能です。

看護を学問の一つとして極め、大学の教授になれば年収1000万も可能です。

病棟で地道に経験を積み、出世することで年収1000万円がかなうこともあります。

利益の出ている病院ではそれだけ年収もよく、そういった病院で出世すればできると思います。

 

まとめ

一般的に年収の高いといわれている看護師の職業ですが、男女で年収の差はほとんどありませんでした。

看護師が年収1000万を狙うのはなかなか難しいかもしれませんが、自身の看護師としてのスキルを磨くことや、働いている環境を変えることで十分年収1000万を狙えることが可能だとわかりました。

年収1000万といえば夢のような話だと思っていましたが、すべては自分の努力と才能次第でかないます。

年収1000万を目指している看護師の方は、ぜひと参考にして、年収1000万を掴んでくださいね。

 

スポンサーリンク
by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事